車査定とは?

ディーラーの下取りに出すなら圧倒的に高く売れる中古車買取!

車をとにかく高く売りたい方におすすめ

中古車一括査定

あなたの愛車を最高額で売るためには…?

中古車一括査定

1社でも多くの会社に査定をしてもらい

査定額やサービス内容を比較するのがベスト!

中古車一括査定

中古車一括査定


車の査定について

 

中古車は、もともと使用していた人によって扱われ方が違っていますので同じ車でもそれぞれ違った車歴を持っています。

  • 使用者歴(人数)
  • カーシェアをしていたり、知人同士で共同使用
  • 使用場所(海の近く、未舗装路)による使用
  • メンテナンスは、定期的に行っていた。

同じ車でも使用方法が変わってしまうと価値の違いが出てしまうのが中古車です。このような車の状態を正しく評価するのが「中古車査定」です。

中古車一括査定

中古自動車査定制度

 

「健全な中古車市場の発展と消費者利益の保護を目的」として、昭和54年4月1日から運輸省(国土交通省)・通商産業省(経済産業省)の2つの省の指導のもとで「中古自動車査定制度」が始まり中古車の適正価格が算出されるようになりました。

 

この制度は、一般財団法人日本自動車査定協会が管理していて中古自動車査定基準の設定、査定士の技能検定試験、登録査定士の技能向上研修など、行っていて中古車業界の健全化、自動車取引の流通秩序確立を目的としています。

 

主な業務内容として

 

  • 査定士技能検定試験(全国一斉)
  •  

  • 査定士の登録、管理
  •  

  • 査定士技能向上研修
  •  

  • 査定業務実施店の確認、管理
  •  

  • 査定士並びに査定業務実施店に対する情報提供(ユーストカーレポート)
  •  

  • 査定に関する実態調査と指導
  •  

  • 査定基準の設定と研究、開発
  •  

  • 査定士技能コンテスト、査定教室、査定セミナー等の開催

このような、中古車査定に関する管理などを行っています。

 

査定って?

査定を辞書で調べてみると

さ てい [0] 【査定】
( 名 ) スル
物事を調べて,その等級・金額・合否などを決めること。 「勤務成績を−する」

 

引用:三省堂 大辞林

 

中古車査定は、あなたの車を適正な方法で評価して金額に出すことです。そのためにも知識や経験による見極めが大事で中古自動車査定制度があります。
この制度に賛同する自動車販売業者(査定業務実施店)と一緒に中古車の査定金の適正化を目指しています。
この査定制度が浸透化されれば、日本全国の査定業務実施店で査定してもらえば安心できるのではないでしょうか?

 

  • 査定のシステムが共通でわかりやすい。
  •  

  • 査定基準があるので極端な査定差額が出にくい

などがあります。

 

中古自動車査定士

中古自動車査定士は、中古車の査定を行う資格で中古車の査定額を決めるため適正な判断のもと、査定を行えるよう中古自動車販売店の販売員を研修・試験・認定する制度です。
中古自動車査定士の資格は、二種類あり

 

  • 小型車査定士:乗用車、商用車及び最大積載量4t未満の貨物車の査定を行うことができる。
  •  

  • 大型車査定士:上記以外の大型貨物車、バス等の査定を行うことができる。

この資格は、大型を取れば小型も査定できる資格ではなく両方の資格を取らなければ兼業出来ません。

 

中古車査定のシステム

中古車の査定は、車種や年式によって価値が違ってきますので基本的な状態から車両状態を検査して査定金額を算出していきます。

 

基本的な状態

 

中古車買い取り一括査定 

 

標準状態

 

    • 外装、内装は無傷である
    • エンジン・足回りは走行に支障なく良好であること
    • 車検の残り月数は3ヵ月以内とする
    • 走行距離数は標準であること
    • タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上あること
    • 事故修復歴や改造工作がなく損傷減価要因(腐食、臭い)等が無いこと
    •  

    ※標準走行距離数は年間、1万kmを目安としています。4年間所有した車であれば走行距離4万キロ程度が走行距離数となります。

     

    基本的にココから査定が始まります。

     

中古車査定のシステム

中古車の査定は、車種や年式によって価値が違ってきますので基本的な状態から車両状態を検査して査定金額を算出していきます。

 

基本的な状態
標準状態

 

  1. 外装、内装は無傷である
  2. エンジン・足回りは走行に支障なく良好であること
  3. 車検の残り月数は3ヵ月以内とする
  4. 走行距離数は標準であること
  5. タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上あること
  6. 事故修復歴や改造工作がなく損傷減価要因(腐食、臭い)等が無いこと

 

※標準走行距離数は年間、1万kmを目安としています。4年間所有した車であれば走行距離4万キロ程度が走行距離数となります。

 

査定価格の算出方法

査定項目別の加点・減点の適用区分

  車両本体 装備品 商品価値
  外装

内装

電装 エンジン

足回り

タイヤ 走行

キロ

車検残 自賠責残 修復歴等 その他
加点    
加減点

なし

標準状態(基本価格)

減点    
page top