所有権留保解除

中古車買取一括査定の訳は、ディーラーの下取り価格と買取価格の差に驚くからです!

中古車買取一括査定今すぐに無料で試してみてください。
中古車買取高額一括査定オススメの訳は、愛車の下取りと買い取りの差額がすぐにわかります。
 
無料で簡単な超スピード査定


所有権留保とは?

kuruma_syakensyou.jpg自動車を購入したとき、大体の方はローンを使って支払いをしていると思いますが、ローンを使ったら車検証の所有権はローン会社、もしくはディーラーになっていると思います。その会社が自動車の権利を保持することです。つまり、自動車を購入してもローンを使ったりした場合、使用者には所有権がないので勝手に第三者に譲ったり、廃車などは出来なくなります。ローンが支払い終わったら所有権は、あなたのものになりますので速やかに自分の名義に変更する手続きをするようにしましょう。

 

この所有権を自分の名義に変えることを所有権留保解除といいます。

車検証自体あまり見る機会がないので、所有権留保されていることを気づいてない方も多くいます。自動車を購入したときに所有権留保されている場合、ローンが支払い終わったからと言っても自動的に所有権が変わるわけではありませんし、信販会社やディーラーがその手続きをやってくれるわけではありません。

所有権留保解除申請方法

所有権留保解除をするのには、いくつかの条件がありますのでそれを満たしていない場合は解除できませんので気を付けて下さい。
根本的にローンの支払いが完済してい事が絶対条件なので支払いが終わっていない方は無効です。

 

自動車税を完納

新年度になると県税事務所などから自動車税納税通知書が届くと思われますがこれを支払っていないと解除手続きができません。

 

納税を済ませますとサンプルのような自動車納税証明書を貰えますがクレジットや信販会社等では車検用の自動車税納税証明書では認めてもらえない場合もありますので県税事務所で「納税証明書」を有料で発行してもらう手続が必要になる場合もあります。

 

 

納税証明書

 

 

左は、車検などでも使える納税証明書、右が有料で発行してもらえる納税証明書のサンプルです。

 

 

所有権解除書類を揃える!

自動車販売店や信販会社に委任状[実印押印]、印鑑証明書、自動車検査証(車検証)コピー、自動車税納税証明書、信販会社からの承諾書・完済証明書、住所が変わっていれば住民票、その他必要書類を持参または郵送すると、自動車登録用の委任状、印鑑証明書、譲渡証明書など交付してもらいます。
必要書類は自動車販売店や信販会社によって詳細が異なることがありますので車検証に記載されている自動車販売店や信販会社に確認してください。また、本人が手続をする場合は、委任状ではなく『所有権解除依頼書』に記入する場合もあります。

名義変更手続き

書類の準備ができた後は通常の名義変更と同じで、陸運局にて名義の移転登録の手続を行います。

 

【本人が新所有者になる場合】

車検証に記載されている住所から変更がない時は、通常の名義変更に必要な書類の中で車庫証明は不要ですが、住所に変更がある場合は、通常の名義変更に必要な書類に加えて住民票など車検証の旧使用者欄の住所から現在の住所(印鑑証明の住所)までのつながりが証明できる書類が必要です。(住民票や戸籍の附票など)

 

【第三者に譲渡する場合】

第三者に直接譲渡する場合は、旧所有者である自動車販売店や信販会社から新所有者である第三者への名義変更という流れで通常の名義変更手続きと同じ方法で行います。

 

 

 

ローンの残債がある自動車を知人から譲り受けた時

知り合いから譲り受けた自動車がローンの残債があり所有権留保されていた場合には、まず知り合いに自動車販売会社や信販会社に所有権解除書類の書類の手配をしてもら和なくてはいけません。
自動車をローンで購入した時は、所有権留保されていて所有者が自動車販売会社や信販会社になっています。この場合、知り合いは、使用者として登録されているからです。
この場合、旧使用者が必要な書類を自動車販売会社や信販会社に請求しなければいけません。実際に知り合いから自動車を譲り受けたとしても、自動車検査証に記載されている所有者が
自動車販売会社や信販会社になっていれば、自動車販売会社や信販会社から自分名義に名義変更するようになります。
なお、知り合いがローンを完済していない場合は、自動車販売会社や信販会社の書類を発行してもらえません。所有権留保されている目的は、
ローンの支払いが完了していないのに他人に売ったりすることができないようにすることを目的としているからです。


 

 

個人売買などを利用した時に「名義変更不可」などと書かれている場合

ローンの支払いが完済していない自動車を個人売買などで売りに出している場合、自動車販売会社や信販会社から書類を取得できないまま売却しようとしている場合があります。
この手の自動車は、「金融車」と言われるものが多く、車でお金を借りて取り上げられたものがほとんどで一般の人が手を出してはいけない自動車です。
納税ができないうえに車検が取れず無駄に終わってしまいますのでやめましょう。また、自動車販売会社や信販会社からも届け出が出ていれば否応なし自動車を引き上げられてしまいます。
このような自動車に手を出すときは、所有権が留保されているか否か、もし所有権留保されている時は、ローンを完済しているかどうか確認をしなければいけません。
ローンさえ完済していれば、個人売買などで取得した自動車が、たとえ所有権留保されていても、譲ってもらった相手方がしっかりしていれば多少のやりとりが必要ですが、
名義変更が可能になります。


 

 

 

 

 

 

車査定比較.com

中古車買取一括査定

車査定比較.comとは
あなたの愛車をお住いの近くから最大10社へ査定依頼します。専用の査定フォームに簡単入力するだけです。全国から蓄積された買取分析データからあなたの車の買取相場情報を査定依頼時にスグに教えてもらえます。だから、納得の金額で売却可能です。全国200社以上の大手から地域密着までいろいろ!
中古車買取一括査定

ズバット車買取比較

中古車買取一括査定

ズバット車買取比較とは
大手を含む 154社以上の車買取業者から、ご自宅の近くから厳選10社に一括で査定依頼ができます。ズバット車買取比較は、サポート体制が充実していますので初めて無料一括査定サイトを利用しようとしている人に安心してご利用いただけます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!
中古車買取一括査定

かんたん車査定ガイド

中古車買取一括査定

かんたん車査定ガイドとは
中古車の買取査定サイトの決定版!!今すぐネットで愛車の買取価格をチェック「かんたん車査定ガイド」。簡単な車情報の入力だけで、最大10社に一括で見積もり!!ボタン一つであなたの中古車の最高額が分かります!額査定をしてくれる会社を探して走り回る時代はもう終わり。車を高く売りたいのならネットで一括比較です!
中古車買取一括査定 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

中古車買取一括査定

カーセンサーnetとは
業界NO1の査定業者参加数と一括依頼業者数が最大30社と他の査定サイトよりも多くの見積りを取ることができます。実際には、30社の見積りが出せる地域はほとんどありませんが、それだけ多くの査定の見積もりができるということは、どこよりも高額な査定が出ますのでオススメの査定サイトです。

買取業者によっても差額が出ます。


最大10社に査定依頼!愛車の売却実績最高額がすぐに分かる!
 
無料で簡単な超スピード査定