シリンダーヘッドガスケット破損によるトラブルと対処方法

ディーラーの下取りに出すなら圧倒的に高く売れる中古車買取!

車をとにかく高く売りたい方におすすめ

中古車一括査定

あなたの愛車を最高額で売るためには…?

中古車一括査定

1社でも多くの会社に査定をしてもらい

査定額やサービス内容を比較するのがベスト!

中古車一括査定

中古車一括査定


シリンダーヘッドガスケット破損によるトラブルと対処方法

 

シリンダーヘッドガスケット破損によるトラブルと対処方法

車のエンジン部分は大きく分けますと上部のシリンダーヘッドと下部のシリンダーブロックに分かれています。
ヘッドガスケット(シリンダーヘッドガスケット)とは、このシリンダーヘッドとシリンダーブロックを重ね合わしたとき挟み込む部品でその間を通過するエンジンオイルや冷却水などがもれないように液漏れを防いだり、圧縮した混合気を漏らさないようにするための気密性を保つための部品のことです。
昔は、アスベスト系の素材でできたものを使用していましたが使用が禁止になったため現在は、ステンレス製の薄い金属を重ね合わせた金属タイプが主流です。

 

ガスケットが破損する原因

エンジン本体は常に高温状態になっています。エンジン自体は、鉄の固まりですがガスケットは、薄い金属なので高温に耐えきれなくなりひび割れが起こったり、溶け出してしまいシリンダーヘッドとシリンダーブロックの間に隙間ができてしまって密閉性(シール性)が保たれなくなってしまいます。
また、古い車や走行距離が多い車は、経年劣化でヘッドガスケット抜けが起こりやすくなっています。

シリンダーヘッドガスケット破損によるトラブルと対処方法

出典:https://commons.wikimedia.org/

エンジンのシリンダーヘッドガスケットが破損すると

シリンダーヘッドガスケットが破損すると密閉性(シール性)が失われて、混合気が十分に圧縮されなくなりエンジンのパワーダウンが起こったり、エンジンオイルや冷却液が混ざってしまったりして様々なエンジントラブルの原因になってしまいます。
このような状態で車を動かし続けてしまうとエンジンがオーバーヒートを起こしたりピストンやシリンダーヘッドの破損、最悪エンジンの破損などの、深刻なエンジントラブルにつながります。

シリンダーヘッドガスケット破損によるトラブルと対処方法

 

ヘッドガスケット抜けの症状

シリンダーヘッドのガスケットに隙間ができ気密性を失ったときの症状として

パワーダウン
密閉性を保つことによって規定値の混合気を圧縮することが可能なのですがガスケットの隙間から燃焼圧力が抜けてしまいパワーダウンの減少が起きます。

 

水温が上昇する
冷却水とエンジンの熱が直接触れるようになり水温が一気に上昇しだし蒸発してオーバーヒートにつながります。

 

マフラーから白煙
水冷式エンジンのシリンダーの周囲に設けられた冷却水の通路(ウォータージャケット)がありガスケットから漏れてしまった冷却水がエンジンに流れ込んでしまうことで、エンジンの燃焼によって水蒸気となってしまった冷却水がマフラーから排出され、白煙として出てきます。

 

オイルが白く濁る
油と水分が混ざり合うことによって白く濁ったヘドロ状の塊となります。これを乳化現象といいますがエンジンオイルと冷却水が混じってしまうとエンジンの内部で乳化現象を起こした物質がオイルラインを塞いでしまう場合があります。

など通常と違った症状なので日常点検などで注意する点として

  • 水温計をチェックする。
  • エンジンルーム内のリザーバータンク内の冷却水が規定値にあるかをチェックする。
  • エンジンオイルキャップを外して裏側に白乳化したかたまりがないかチェックする。

これらのことをしていれば意外と気づくことが多いです。

 

ヘッドガスケットの交換工賃

 

まず、修理工場では作業工賃は、時間単位で修理費を算出します。修理工場などの時間単位の工賃は、国産車で6,000〜8,000円で外車になると10,000円を超す修理工場もあります。
ヘッドガスケットの交換はだいたい6〜8時間位なので

 

8×8,000=64,000円

 

部品代で3,000円〜20,000円
その他にヘッドカバーガスケットやエンジンオイル・LLCなども交換が必要です。
やはり、100,000円前後はかかってしまうのではないでしょうか?
エンジンの不具合は開けてみないと外観からはわからないことが多いです。もしかするとこれ以上の修理が必要になってくる可能性もあります。
日頃から点検をこまめにして以上に気づいたら早めの修理を受けることをおすすめします。

 

また、エンジンの修理をしだすとあちこちが連鎖反応で壊れてくることがあります。あまり修理費がかかるようになるなら思い切って売却をして新しい車に買い換えるのことも大切です。

 

修理費がかかるようなら売却

車など機械類は一度壊れだすと次々と修理がかさんできたりすることがあります。あなたの車が思い出のある車だったり、レアな車なら修理をしながら乗り続けるのもいいでしょうがそうでないならば、ある程度のところで見切りをつけるのも仕方がないことです。
修理をしたからと言って売却するときに修理代金分が加算されることはありえません。
むしろ、高い修理代を出したおかげでマイナスになってしまう場合もあります。そのようなことがないように車に価値があるうちに売却をしてしまうのも一つの手です。
中古車の需要は、国内だけではなく海外にまで広がっています。たとえ動かなくても国内外で必要な部品がない場合、部品取りに使えますので全くの価値が無いわけではありません
一度、あなたの車の価値を確認してみませんか?中古車一括査定で査定をしてみればあなたの車の価値がわかります。

page top